新潟ライフ

日々のなんでもないことを

2019年 島根・鳥取旅行 まとめ

2019年の夏休みに行った、島根・鳥取旅行のまとめ記事です。

 

1日目 

とにかく移動、移動の一日でした。やはり900km弱は遠い…。高速道路を使った単純計算だと9時間程度(100km/h換算)で着くはずなんですが、実際は11時間くらいかかりました。

 

 

2日目

今回の旅の主目的のひとつ、出雲大社に参詣しました。丸一日かけてのんびり散策しました。夜は出雲市でいちばん行きたかった居酒屋へ。1ヶ月前から予約していたんですが、素晴らしいアテとコスパに大満足でした。

 

 

3日目

出雲大社でやり残したことが判明したんで、リベンジしてきました。なかなか来られない場所なので、思い残すことがないように。

もともと3日目は「日御碕灯台に行く」「宍道湖の夕焼けを見る」くらいしかプランを組んでいなかったので余裕のある日程のつもりだったんですが、終わってみたらかなり詰め込んでました。

ただ、実感としては「移動しながら観光してる」程度で、むしろのんびり回っていたつもりです。途中で時間とか全然気にしてなかったし…(最終的に宍道湖の夕焼けに間に合いさえすれば良かったので)。
 

 

 4日目

お昼ご飯(ブランチ)に海鮮丼の有名店へ行きましたが、もともと人気店なのに加えTVの特番でも放送されていたためか、お昼前から満席で12:50には海鮮丼は売り切れてました。行くなら早めが必須かも。

美保関は灯台も町も景色が素晴らしかったです。ここは日がな一日のんびり出来そう。「水木しげるロード」は妖怪のオブジェはたくさんありましたが、それだけのような…?

夜は1軒目はハズレでしたが2軒目の銘酒居酒屋がとんでもなく良いお店でした。人生に何軒か「このお店に行きたいから旅に出る」というお店があるのですが、間違いなくそのリストに入るお店でした。

 

 

5日目

帰りの移動日と割り切っていたのですが、次の日も休みを取っていたので最後までゆっくり楽しめました。ほぼ夕方くらいまで鳥取にいた気がします。家には次の日の深夜2:00前に辿り着きました。 

 


 まとめ

景色や天気には恵まれましたが、飲み屋にはハズレが多かった印象です。次回はもうちょっと下調べして予約してから来ようと思いました。島根・鳥取地方の日本酒は壊滅的に自分と合わないことが分かったのも収穫です。次回のお店の予約に生かしたいと思います。

風景的には、宍道湖も良かったですが海岸沿いの夕焼けも気になりました。きっと海に沈む素晴らしい夕焼けが見られるんじゃないかと思います。次に来る時は海岸の夕焼けスポットを調べて集中的に回るのもいいな、と思いました。