新潟ライフ

日々のなんでもないことを

辛味噌ラーメン(中華そば 西巻流)

2021年の2月にオープンしたお店です。お店の前の通りを何回か通った際「新店ができたなー」とは思っていたんですが、いざ行ってみたらコロナで休業だったりして、なかなか行く機会がありませんでした。

今回14:00過ぎに前を通ったら営業していたので、遅いお昼ご飯に訪問してみました。

 

辛味噌ラーメン

f:id:Spiral_NT:20210815203520j:plain

夏真っ盛りですが、塩ラーメンがメニューになかったので好み的に次点の「辛味噌ラーメン」をオーダーしました。スープはそれなりにコクがあります。たまに辛味噌を混ぜないと薄い味噌汁みたいになってる辛味噌ラーメンがあるので(そして大抵不味い)、そういう意味では合格点です。

辛味噌を溶かすと味わいに複雑さが増すのは「辛味噌ラーメン」ならではの醍醐味。辛さは額にうっすら汗をかく程度でした。

 

麺と具材

f:id:Spiral_NT:20210815203529j:plain

麺は丸太麺。かなりの太さがあって食べ応え満点です。太麺好きとしては嬉しい限り。具材はチャーシュー、もやし、メンマ、ナルト。青海苔もかかっています。チャーシューは箸で切れる柔らかさ。脂っぽさを感じるあまり好みじゃないタイプ。もやしはシャキシャキ。メンマは太さはあるけど薄切りタイプでした。

 

おわりに

f:id:Spiral_NT:20210815203536j:plain

山形・赤湯の「辛味噌ラーメン」を知っているだけに、つい比べてしまい、辛口批評になってしまいます。

新潟県内でも「辛味噌ラーメン」は『だるまやグループ』の功績により広まっているんですが、本家の方はお家騒動がなかなか大変みたいですね。

 

だるまやお家騒動

 

西巻流 店主インタビュー

こちらのお店も、前オーナーと一緒に『だるまやグループ』を立ち上げた伝説のラーメン職人と言われている人が、新しくオープンしたお店だそうです。

お店の一押しメニューは「煮干し醤油ラーメン」みたいなので、醤油ラーメンは苦手なんですが、次回はそちらを食べてみようと思います。