変わり種「背脂ゆず中華」(らーめん 源次郎)

2022年12月に新潟市西区寺尾から西区新通に移転した「らーめん源次郎」にランチに行ってきました。移転前のお店には行ったことがあり、移転したことも以前から知ってはいたんですが、背脂系のお店なのでなかなか食指が動きませんでした。

今日伺ったのはもともと行きたかったお店に立て続けに2軒振られてランチ難民になっていた時に、近くに移転後のお店があることをふと思い出したからです。もうすぐ大抵のお店がランチ営業を終了する14:00を回りそうだったので、背に腹は変えられぬと行ってみることにしました。

お店は幹線道路からも市街地からも離れた住宅街に中にあり、近くにはケーキ屋さんが一軒あるくらいで他にお店等はない場所にあります。何かのついでに寄るという立地ではないため、このお店を目指して来ないとなかなか訪れない場所だと思います。

駐車場はお店の脇を奥に入ったところにそこそこの台数が確保されていました。時間的に停まっている台数は少なかったですが、停めやすい駐車場だと思います。

お店に入ると長テーブルを真ん中で仕切った形のカウンター席に案内されました。券売機はなく席でメニューを見てオーダーするスタイルです。ラーメンは「背脂醤油」「豚骨醤油(二郎系)」「あっさり」「ゆず系」の4種類に分類されていました。「ゆず系」の中に「背脂ゆず中華」というメニューがあったため、「背脂にゆず?」と興味を惹かれ、オーダーしてみました。

 

背脂ゆず中華

見た目は「背脂ラーメン」とあまり変わりません。背脂の量が気持ち少なめな気がしますがオーダー時に「大油」も選べるため、他のラーメンでもこれがデフォルトなのかもしれません。

スープは煮干し系なのなのかな?和風な味わいです。背脂も想像していたよりしつこくなく、甘味的なアクセントを加えている感じ。柚子の風味は最初からしていて意外とマッチしていました。スープを底からかき混ぜても柚子風味が強くなることはありませんでしたが。

 

麺と具材

麺は中太丸麺。緩やかにウェーブがかかっています。この麺は食べ応えもあって美味しかったです。

具材はチャーシュー、玉ねぎ、メンマ、ネギ、柚子皮、海苔。チャーシューはホロホロ系で柔らかく、甘みのある味でした。他の具材は可もなく不可もなく。海苔は後半に食べたのですが、容赦なく口内の水分を奪っていきました。

 

おわりに

以前は場末感満載の古い長屋的な建物に入っていたお店なんですが、移転して立派な店構えになりました。専用駐車場もそこそこの台数確保されています。

自分的には背脂系も二郎系もあまり好みのタイプではないんですが、今回食べてみてこちらのお店は意外と背脂がキツくなかったので、またいつか別のメニューも食べに行ってみようかな、と思いました。