新潟ライフ

日々のなんでもないことを

汁なし辛肉まぜそば(麺者 風天 小針店)

痺れを求めて「麺者 風天」にやってきました。最近辛さというか「痺れ」を求め続けているのは、三条市にあった『175°DENO 担々麺』が閉店してしまったから。あの強烈な痺れに代わるものはないかと探し歩いているのです。

 

顎まで痺れる担々麺

 

とりあえず「麺者 風天」の「追い山椒」をドバドバかければ疑似体験ができるかもと思い、痺れをダイレクトに体感するために「汁なし辛肉まぜそば」をオーダーしました。

 

汁なし辛肉まぜそば

f:id:Spiral_NT:20210913144458j:plain

「汁なし」系をオーダーしたのは、痺れをより強く感じるため。なお「追い山椒」は店員さんに頼まないと手に入りません(卓上にはないです)。

 

麺と具材

f:id:Spiral_NT:20210913144504j:plain

麺は極太ゆえに茹で時間は少し長めですが、食感はとても良いです。麺と具材をぐるんぐるん混ぜたら、天地返しをしてさらに全体を馴染ませます。

二口三口食べたら早速「追い山椒」を投入。…確かに痺れは増しますが、『175°DENO 担々麺』で体験したような、顎までビリビリ痺れるようなガツンとした強烈さはありません。これは「追い山椒」をさらに追加していっても同じでした。

 

おわりに

f:id:Spiral_NT:20210913144509j:plain

極上の「痺れ」を求めてやってきたんですが、顎まで痺れる「最強の痺れ」の再体験は出来ませんでした。無念。

んー。これは『175°DENO 担々麺』の痺れ増し30段階目を食べるためには、やはり札幌に行かなきゃいけないかな…。