新潟ライフ

日々のなんでもないことを

2022年のクリスマス(AD321)

今年のクリスマスも去年と同様に安曇野の別荘で過ごすことにしました。

が、問題は今週の新潟(12/19〜22)は記録的な大雪が降り、高速道路や国道が通行止めになったりしていること(現在進行形)。20日には主要国道の滞留で800台以上の車が渋滞に巻き込まれ、20時間以上車中に閉じ込められる人たちも出ています。23日以降も「クリスマス寒波が来ます」「今回以上の大雪が見込まれます」「不要不急の外出はしないように」などニュースでガンガン流れています。

このため出発直前まで交通情報や天気予報をチェックしてルートを練ったんですが、出発当日は通行止めも解除されていて天気も晴れ。いつもよりかなり早い時間に出発して高速道路を快調に走り、10:00過ぎには千曲市入りしてました。

お昼ご飯にラーメンを食べ、酒屋さんで日本酒を仕入れ、靴屋で新しくスノーブーツを購入するなど諸々の用事を済ませても、13:00にはいつも買い出しをする安曇野市のスーパーに到着していました。幸先良いスタートです。

 

初日

安曇野もそこそこ雪は降っていましたが、12月にしては、というレベルです。通常なら2月くらいに降る量の雪がありました。長野市あたりは全然雪がなかったし、山の方だけ降った感じです。

温泉三昧

到着後すぐ温泉を入れ、寝るまで何度も堪能しました。ディナー付き無料宿泊券を使ったため初日の晩ご飯は準備も片付けもする必要がなく、ディナー前もディナー後もただ飲んで温泉を堪能するだけだったので、とても楽でした。

飲み→温泉→飲みのループを音楽と一緒に堪能したんですが、日頃の疲れ(仕事と除雪)が祟ってか、かなり早い時間に寝てしまいました。

 

2日目

午前中に買い出しに行こうとしたら、夜間に意外と積もっていました。

 

車上の雪下ろしくらいなら苦もないんですが、道路まで道を作らなければならないのはちょっと大変でした。スノーダンプ持ってきてないし。スコップでひたすら地面の雪かきです。

ただ、出かけて帰ってきたら一帯を綺麗に除雪してくれてありました。ありがたいです。

 

ラム肉BBQ

お昼ご飯はBBQにしました。「連泊だから昼からBBQすれば日が落ちるのが早くても問題ないよね」とか思っていたんですが、寒さという概念を忘れていました。通常のコテージだと吹きっ晒しのベランダしかないので冬にBBQやろうなどとは微塵も思わないのですが、今回泊まったコテージはガラス張りのBBQテラスがあるので「イケるんじゃね?」て脳が勘違いした模様。実際は風とか関係なくめちゃくちゃ寒かったです。

写真を撮った後、コテージのキッチンで換気扇を全開にして焼きました。

 

今回も北海道の「やまか」から取り寄せたラム肉を使いました。美味しすぎ。毎回ではないけどまた頼んでしまうと思う。

 

温泉と午睡

食べ終えたらちょっと休憩して温泉へ。温泉を出てゴロゴロ→温泉へ、とかやっているうちに本格的に寝てしまいました。

 

暖炉 使用開始

夜は初日に使わずに寝てしまった暖炉に火を入れました。11月に同じコテージを使った時も暖炉に火を入れた直後にかなり煙が出たんですが、今回も寒くても窓全開で換気をしなければならないほど盛大に煙が出ました。説明書を読むと、どうやら暖炉自体が200℃くらいまで温まらないと煙がうまく煙突に抜けないようです。暖炉が温まってからは室内に煙が逆流してくることは無くなりました。

ちなみに泊まっているコテージは天井吹き抜けの大きめコテージだったので暖房をガンガンに入れても結構寒かったんですが、暖炉を使い出したらかなり暖かくなりました。特に、煙が出なくなってから前のガラスドアを開けるとかなりの熱風が吹き出してきて、相当暑くなれます(崩れた薪の燃えカスが外に転がり出さないように厳重に注意する必要アリ)。

初日は「寒いね」とか言いながら温泉で暖をとっていたんですが、最初っからこうやって暖炉を使えば良かったと思いました。

 

すき焼き

2日目の晩ご飯は「すき焼き」にしました。肉三昧。白菜も買ってあったんですがお昼のBBQがまだお腹に残っている感じだったんで、白菜分のボリュームを省いて作成することにしました。

 

ちょっと良いお値段の牛肉。午前中はこの肉を買うためだけに買い出しに行ったようなものです。このお肉を買って安心してしまい、卵を買い忘れたのは痛恨のミスでした。

 

割下はすき焼きの有名老舗店「今半」のものが売っていたので使ってみました(普段はエバラ派)。エバラに比べて醤油がちょっと強めでカラい感じでしたが、もし生卵と一緒に食べたらちょうど良い感じになって、かなり美味しくなりそうな予感がしました。

 

クリスマスケーキ

肉屋さんの隣にお菓子屋さんがあったので、そこで購入しました。和菓子屋さんだとずーっと思っていたんですが、ケーキも扱っていたんですね。新発見。普通にブッシュドノエルなんかも置いてありました。

去年は少し離れた場所にある安曇野のケーキ屋さんにクリスマスケーキを予約したんですが、今年は予約はせずに「単品で一つか二つそれぞれ好きなのを買う」方式にすることは決めていました。肉を買い終えた後に「ケーキどうする?」「あの店ちょっと遠いよね」みたいな会話をしていたところにちょうど良くハマった感じです。もし来年も安曇野で過ごすことになったら、多分こちらのお店でケーキを調達することになると思います(肉屋は毎回行くので)。

 

メリークリスマス

日が変わったクリスマス当日、2:00頃に寝落ちました。

 

3日目

起きたら超快晴!しかも無風!すごく良い天気でした。せっかくなのでドローンを飛ばしたり温泉を堪能していたら、あっという間にチェックアウトの時間になりました。

クルマの周囲にも雪はほとんど積もっていなかったので、出発も楽でした。

 

今回の戦績

ビールは全て自分が飲んだんですが、2日間飲んだ割にはあまり伸びませんでした。これからまた年末年始の飲みシーズンに入るので、少し体調を整えて臨みたいと思います。

 

おわりに

今年は新潟に災害級の大雪が降った週末に出かけることになったんですが、蓋を開けてみれば当日は快晴、帰りの日も「クリスマス寒波って何?どこに来たの?」て感じで普通に帰れました。

ドローンは水に弱いので雪の中飛ばせる機会はあまりないんですが、今回は快晴、しかも上空も無風という好条件でかなりの時間楽しむことができましたし、3日間のんびりできて、とても良いクリスマス休暇を過ごせたと思います。

 

安曇野で同窓会2022

大学時代の友人達と安曇野の別荘に集まって飲んで来ました。昨年は一泊だったけど今年は連泊です。

宮城県から来る友人と14:00にスーパーで待ち合わせて買い出し→15:00過ぎにチェックイン。チェックイン後は荷物の搬入→乾杯→温泉を入れに行きます。

 

温泉三昧

本当は温泉掛け流しといきたいところなんですが、こちらの別荘はお風呂がかなり大きいので、温泉だけ入れて貯まるまで待っていると2時間以上かかってしまいます。なので最初は温泉+お湯を全開にして貯めつつ、いっぱいに貯まったら追い焚き機能で温めます(冬の温泉は最初はぬるいお湯しか出てこないため)。

お湯を張ったらまずはその場にいるメンバーで順番に温泉ビールを堪能して、ひと回しした後で全部温泉に入れ替えます。もう一人が夜に合流して来る頃にはちょうどよく温泉が貯まっていました。

 

薪ストーブ

晩ご飯はすき焼きだったんですが、撮るのを忘れました。晩ご飯後は薪ストーブの前で飲み。飲みながら喋って、音楽をガンガンかけて、気が向いたら温泉に入って、また飲んで。あっという間に時間が過ぎ去っていきました。

 

初日の戦績

机の幅では横に並べきれなかったんで、ボウリングのピン方式で並べてみました。初日は3人で21缶+日本酒一升瓶を半分空けました。

 

ラム肉&牛タンBBQ

14:00前に名古屋在住の友人が合流してメンバー全員が揃いました。お昼ご飯は今回のメイン、北海道から取り寄せたラム肉BBQです。宮城県の友人が持ってきてくれた牛タンも素晴らしく美味しかったです。しかも極厚!豪勢なBBQになりました。

ビールもガンガン飲みましたが、日本酒は荷札酒「黄水仙」と「備前雄町」を合わせました。甘露。この後また温泉&音楽&酒三昧に浸り切ったため、写真を取るのを忘れてました。楽しすぎ。

 

2日目の戦績

4人で飲み倒した成果です。350ml缶が多かったので奥行き感を出せず、苦肉の策で2段構えにしてみました。ビールと酎ハイ34缶、日本酒一升と四合瓶一本を飲み干してます。

さらに半分飲みかけの四合瓶(荷札酒 備前雄町)とキリンハートランドビール(瓶)6本があるのですが、ハートランドは並べるのを忘れました。

2日間合計の戦績は、ビールとサワー55缶、瓶ビール6本、日本酒一升と六合(四合瓶一本と半分)でした。

 

おわりに

2日間、温泉と音楽とお酒、美味しい料理を堪能しました!やはり連泊は充実度が違います。特にのんびり遊ぶ以外何もしない2日目が最高です。

新しいお店やお酒に出会える旅も良いんですが、温泉お篭り宿で何にもしない休日ってのもまた堪りません。来年はのんびり旅と新規開拓旅を半々くらいで行ってみたいと思います。

 

2022年ラストキャンプ(スノーピーク本社キャンプ場)

スタッドレスタイヤの交換と整備に時間がかかったため出遅れてしまい、スノーピークキャンプ場に到着したのは14:15頃でした。今日のキャンプ場は全体的に結構な人出で「使い勝手の良い住箱が空いてると良いのだけど…」と心配しながらチェックインしたところ、運よくNo.4の住箱は残ってました。

チェックイン後そのまま妻を同じ敷地内の温泉(FIELD SUITE SPA)に連れて行き、自分は荷下ろしへ。今週クルマを修理(塗装)に出した際、車載冷蔵庫のACコンバーターを他の荷物と一緒に下ろしたまま持って来るのを忘れた事に気付いて軽く落ち込みました。修理期間中使わないのになぜ下ろしてしまったのか。積みっぱなしにしておけば良かった…。とりあえず売店で板氷2つを仕入れて冷蔵庫に放り込んでおきました。

 

住箱No.4

今回もここで。水場が近くて超絶便利だし、住箱のデッキから見える風景も良いので最近はほぼここ一択です。

 

荷下ろしが終わった後のビール。格別です。大人の休日スタート。

 

近所を散策してみました。テントサイトも盛況です。FIELD SUITE SPAに行く際に反対側のキャンプ場も見ましたが、多分今年一番の盛況だったと思います。

 

風情のある場所に張ってますね。銀杏の右下のボックスは何のために設置されてるんだろう?

 

BBQ開始

妻から戻ってくるメールが来たので火熾しを開始します。

 

やまかのジンギスカン

新潟市内では美味しいラム肉を仕入れられないので(何箇所かの精肉店で買ってみたけど不味かった)、北海道に行った時に美味しかったお店から取り寄せました。これが大ヒット!肉の質的にかなり本格的な味わいでした。これはリピートしたい!

 

 

焚き火タイム

食後は焚き火へ。日が落ちるのが早くなりましたね。18:00でこの暗さです。

 

FIELD SUITE SPA

火の番を妻に任せて自分は温泉へ。今回はキャンプ場利用者限定の2日間入り放題プランを付けたので、今日も明日も温泉&サウナを楽しむ所存です。

 

FIELD SUITE SPAの屋根(内側)。薪を並べているそうなんですが、夜に見るとまた違った迫力があります。

 

追い焚き

外は結構寒いですが、虫も来なくて快適に過ごせました。22:00頃まで火を囲んで寛ぎました。

 

ランタン下の模様。何かの紋様みたいになってました。錬成とかできるかな?

 

今回の戦績

妻は日本酒のみ。持ち込んだビールは自分が全部飲み干しました。

 

おわりに

11月に来たのは初めてですが、虫もほとんど来ないし焚き火は暖かいしで快適に過ごせました。妻も初めてSnow Peakの温泉に行ったんですが、いたく気に入ったようです。特にサウナが。のんびり×温泉×BBQって最高です。しかも温泉&サウナ入り放題ですし(プランがやっていれば。今年の7月くらいから今日まではずっとやっていました)。入り放題は2,200円/一人かかりますが、入浴料は通常1,600円なので、2回入れば元は取れます。我々は2日間で4回入ったので、かなりお得に利用できました。

今回で今年のSnow Peakキャンプは終了です。また来年、住箱利用が再開したら来たいと思います。

 

夏の終わり(AC123)

2022年夏休み旅行の仕上げは安曇野の別荘へ。大学時代の友人たちと温泉&酒&音楽三昧を堪能しました。

 

BBQ

今回はラムロース、カルビ、牛タンで。確か300g、300g、3枚だったと思う。日が落ちるのも早くなってきたし夕方以降は寒くなってきたので、そろそろ今年のテラスBBQは潮時かもしれません。お昼ならまだいけるんですけどね。

 

今回の戦績

3人で飲んだ戦績です。これ以外に日本酒も飲んでます。最後は結構早い時間(てっぺん=0:00回る前)に全員寝落ちてた気がします。

 

おわりに

もう一人の友人もインターネットで参加してくれて盛り上がり、あっという間に時間が過ぎ去っていきました。おかげでほとんど写真を撮っておらず、今回は2枚だけです。

次回は同じメンバーで早めの忘年会が開催できるといいな。できれば生身で。

 

骨休めとWi-Fi導入(AC123)

静岡在住の友人と2泊3日で安曇野の別荘に骨休めに行ってきました。

 

安曇野別荘1日目

到着して荷物を運び入れたら、まずはビールで乾杯!さけるチーズや韓国海苔などお手軽おつまみをお供に「大人の正しい休日」スタートです。

 

温泉三昧

のんびり飲んでいたら温泉がたまったので、飲みかけのビール片手にGo!くつろぐ程度で長風呂はせず、サッパリ流したら速攻上がる→エアコンに当たって涼みながら飲む→もう一回温泉にGo!を繰り返します。

脱水症状を防ぐため、合間に水やお茶を飲むことも忘れません。

 

BBQ(ラムロース・ラムショルダー・カルビ)

「暗くなってきたからそろそろBBQ始めないとなー」と準備を始めましたが、時計を見るとまだ16:30でした。写真だとかなり暗く見えますが、天候が曇りだったのと建物の周りの鬱蒼とした木立のため、室内やテラスはかなり暗かったです(その分涼しかったとも言えますが)。

 

モンスターハンター・サンブレイク

BBQをセットし終えても友人はまだ温泉を堪能中だったので、持ち込んだNintendo SwitchをTV接続して「モンスターハンター・サンブレイク」で一狩り行ってきました。

今回からコテージにWi-Fiが導入されていたんですが(Rakuten回線ぽい)、モンハンくらいなら回線速度的には問題なさそうです。ネット飲み会とか動画再生(映画)とかも普通に出来ると良いのだけど(未検証)。

友人が温泉から上がった後はBBQで肉を喰らい、お腹がこなれるまでちょっと休憩&酒→温泉→音楽&酒→温泉→音楽&酒&アテ→温泉→… とひたすらリピートしてました。

自分は21:00からどうしても外せない用事があったので寝過ごさないようにスマホで目覚ましを何重にもかけたりしましたが、今回は無事起きていられて用事も済ませることが出来ました。最終的に23:00前には寝たっぽいです。

 

1日目の戦績

完全に空いたのは瓶ビール中瓶2本と缶ビール5本、缶チューハイ3缶でした。

 

日本酒込み

空いてはいませんが、持ち込んだ日本酒(四合瓶)もそれなりに飲んでいます。

 

安曇野別荘2日目

初日はBBQだけでお腹いっぱいになってしまって食材をほとんど消費していなかったため、買い出しでは缶ビールのみ補充しました。別荘に戻り、11:00前から「酒・温泉・音楽」祭り再開です。

 

むつぎくの餃子

友人が持ってきてくれた「むつぎくの餃子」が本日のメイン。生餃子を2パック持ってきてくれたので、昼ご飯と晩ご飯に分けて堪能しました。

 

ストウブ鍋(22cm)でシーフードカレー

2人で餃子1パックだけだと物足りないので、ストウブ鍋でカレーを作りました。使用したストウブ鍋は22cm。2人分ならちょうどいいサイズです。

材料は玉葱2個、人参1本、鶏胸肉1枚。今回はジャガイモがバラで売っていなかったので、代わりに「大粒シーフードミックス」を入れてみました。

 

「大粒シーフードミックス」は流水解凍後、生臭さを飛ばすためにフライパンで炒めてみましたが、そんなに臭みも出なかったので軽く炒めて鍋に投入しました。

今書きながら「ガーリックバターで炒めて風味をつけても良かったなー」とか思いました>また次回。

 

水は一切加えず、水分は玉葱と人参をストウブ鍋で煮込んで抽出してます。

 

シーフードミックスを投入したら量がかなりギリギリまできてしまったので、鶏肉を入れるのをすっかり忘れていました。途中で気づいて胸肉1枚分を追加。

ここまで書いていて気づきましたが、今回刻みニンニクや刻み生姜も入れるのを忘れていました。どうりで味の深みがちょっと違ったわけだ…。こちらも次回は忘れないようにしたいと思います。

 

蓋を閉じて材料がいい感じに煮込めたら、いったん火をとめてルーを2片だけ投入します。2片がいい感じに溶けたら、たまにかき混ぜながらもうしばらく煮込みます。ルーは「ジャワカレー」のスパイシーホットを使用。

 

かなり色が付いたところで、さらに残りの2片を投入。ここからは粘度が上がるため、鍋底が焦げ付かないようによくかき混ぜながら手早くルーを溶かします。

 

ルーがよく混ざったら蓋をして、火を落としてしばらく落ち着かせて完成!スパイスも全量入れたので辛いのは辛いのですが、水分に野菜の旨味(甘さ)が染み出しているのとシーフードの風味が加わっていて、絶妙な美味しさでした。友人にもシーフードは大好評。

ジャガイモを入れると粘度がかなり上がって焦げ付きやすくなるので、ジャガイモの代わりに他の材料で作ってみるのも良いかもしれないな、と思いました。

 

Switch Sportsで対決!

お昼ご飯を食べた後は、腹ごなしにSwitch Sportsで遊んでみたり。テニスやボウリングを何回かやりましたが、ボウリングはコントローラーが軽いため、手首の返しが難しいです。

午後〜夜までのんびり飲み→温泉を繰り返して、22:00前には就寝しました。購入した食材もほぼ使い切り、購入したビールも全部飲み干すという、素晴らしい終わり方でした。

 

2日目の戦績

初日飲んだ分(ビール・酎ハイ)は除いています。2日で飲み倒しました!満足!

来週末の長期旅行に向けてしばらく節制します!

 

おわりに

やはり2泊3日だと充実感が違います。十分のんびり出来たし、楽しかった!魂の洗濯になりました。あと食材もビールも全部消費できたのが良かったです。特に食材。スーパーに行くと目についたものをつい片っ端から購入してしまいますが、今後の参考にしたいと思います(意気込み)。

 

初秋キャンプ 2022(スノーピーク本社キャンプ場)

前回は酷暑キャンプだったんですが、今回は雨だったこともあって、涼しいキャンプになりました。

チェックイン時は曇り→たまにパラつく程度だったので荷物の搬入とかは全く問題なかったんですが、15:00過ぎくらいからシトシト降ったり止んだりが始まり、夕方以降は弱い雨が降り続く感じに。焚き火は早々に諦めました。

 

秋ビール

毎年「秋味」を見ると秋が始まったんだなーと思います。通常より使っている麦芽の量が多く、味が濃いのが好きなポイント。ついつい6缶パックに手が伸びてしまいます。

 

肉選びに失敗…。

仕事上がりにキャンプ場に来たので、いつもの肉屋さんには行けず。会社近くのスーパーで適当に購入したモツとレバーを焼いてみたんですが、あまりの不味さに半分以上残してしまいました…。このシリーズはもう二度と買わないとココロに固く誓いました。

 

ストウブでソーセージ

炒め焼き(水を少なめに入れて水分が無くなるまで転がしながら焼く)をしてみたんですが、最初に蓋をしてストウブ鍋全体を熱してから材料を入れて焼き始めたので、ソーセージ全体に熱が入るのが早まり、だいぶ水分が残ってしまいました。やはりこの焼き方はフライパンで蓋をせずにやる方が良さそうですね。

一応、ソーセージを爆ぜさせないように様子を見ながら転がした結果、プリプリの弾力で完成させることは出来ました。これはこれで美味。

 

今回の戦績

10時間くらいかけてビールを4Lくらい飲みました(1本500ml換算)。朝起きてちょっと頭が重かったです。一人で黙々と飲んでいると酔いが残りやすい気がします。

 

おわりに

チェックイン時にはまだ全部の住箱が空いていて好きに選べたのですが、今回もNo.4にしました。水場が近くてすごく使い勝手が良いので。食事後、洗い物まで全部済ませてから寝たので朝の撤収がめちゃくちゃ捗りました。

シャワーもトイレも近くて使い勝手の良さはピカイチ。かつテントエリアとも適度な距離があって夕焼けなどの景観も良いので、今後は住箱を選ぶ際にはNo.4が自分の中で第一候補になりそうです。

 

酷暑キャンプ(スノーピーク本社キャンプ場)

大学時代からの友人とスノーピーク本社キャンプ場に行ってきました。

 

稀に見る猛暑日

当日はニュースになるくらいの暑さ。キャンプエリアに着いた時の車載温度計は38.5℃。スノーピークストアで受付してる時(ストアの駐車場)は39℃でした…。

 

室内退避

荷物を住箱に運び込んだ後、薪の日干しとランタンのソーラー充電をセットしたら、暑さを避けるために住箱内に避難します。

ただ、外が暑すぎるせいかエアコンの設定温度を16℃にしてもなかなか冷えません。窓と入り口を全開にして、持ち込んだ扇風機をフル稼働させて室内の空気を入れ替えて、なんとか徐々に冷えていきました。

 

セット完了&昼飲み開始

BBQコンロも焚き火台も早めにセットしましたが、暑過ぎて外に出る気にならず…。快適になった室内で飲み始め、3時間ほど放置してしまいました。

本来だったら外にチェアもセットして、強い日射しを感じながらキンキンに冷えたビールを飲み、適度に外で過ごしたら冷え冷えの住箱に戻って涼しさを堪能しながら飲み直すという(←ループ)夏を堪能するスタイルにするつもりだったんですが…。

 

スーパーで購入した刺身と持ち込みの日本酒も、外で撮るだけ撮ったら速攻住箱内に戻って、涼しい室内で飲み食いしました。

 

酷暑BBQ開始

16:30を回る頃、まだ暑いと渋る友人を「日が落ちるから」と説得し、本来昼ご飯予定だったBBQを開始します。が。暑い!夕方になっても半端ない暑さです。

食べるには食べましたが、友人も自分も「味はあまり覚えてない…」体たらく。暑くて食欲も湧かず、夜のつまみ用に買った食料は大半が残ってしまいました。

 

日が落ちて

ようやく外にいても耐えられる体感気温になってきました。晴れ渡っただけあって夕焼けもキレイです。

 

本社社屋の窓に反射する夕焼けが幻想的でした。

 

今回の戦績

暑くてずっと住箱内で飲んでいた印象なんですが、10時間以上飲んでいた割には思ったより伸びなかったかな。燃料(ビール)切れを懸念した友人が途中でスノーピークストアに追加購入しに行くくらいには、最初の勢いはあったんですが。

 

おわりに

今回は暑さに気力を奪い去られたキャンプでした。暑さでここまでやる気が出なかったのも初めてです。夏の暑さを堪能するとか一切せずに、とにかく涼しい室内でダラダラ飲んで、友人との会話や音楽を楽しみました。これはこれで楽しかったですが。

8月中にもう一回キャンプ場を予約しているのだけど、この暑さが続くならちょっと考えちゃいますね。ソロだから友人と来る楽しさも無いし、荷物の積み下ろしとかセッティングとかで疲れ切って暑さで消耗して…。単なる苦行になりそうです。

今回は住箱No.1を使いましたが、使い勝手を考えると、次回ソロで来る時にはNo.4とかNo.5が良いかもしれません。

 

いい湯らてい

翌日、チェックアウト後に友人はスノーピークの温泉に行き、自分はちょっと足を伸ばして「いい湯らてい」という日帰り温泉に向かいました。スノーピーク本社からは下田の奥の方に車で12分くらいの距離です。

「いい湯らてい」は通常の入湯料は900円なんですが、ショートタイム(1時間以内)なら600円で入れます(オーバーすると350円追加で支払い)。そんなに長風呂じゃない自分にとっては使い勝手とコスパが良いシステムでした。

温泉を楽しむんじゃなくて単にキャンプ撤収時の汗を流して帰りたい位の時には、こっちまで足を伸ばした方が良いかも。

温泉は、内湯、ジェットバス、マグマ温泉(下から水面が泡立つくらいの大量の泡が出ている)、露天風呂2つ、サウナ、水風呂とバリエーションが豊富でした。洗い場の数もそこそこあります。湯温も熱すぎず、使い勝手の良い温泉だと思いました。

残念な点は明日からバスタオルやタオルが有料(150円)になってしまうこと。それでもショートタイム利用ならスノーピーク温泉の半額くらいで済みますが。

 

しただMAP

観光MAPもありましたが、今日も昨日に匹敵するくらい暑かったので、どこにも行く気になれませんでした。いい感じの小川や里山がありそうなので、涼しくなったらドローン持ってまた来ようかな。

 

2022年の住箱No.4は使い勝手がかなりUP!(スノーピーク本社キャンプ場)

2022年2回目のスノーピーク本社キャンプ場に行ってきました。今回は直前まで天気予報がコロコロ変わったのでキャンセルするか悩みましたが、なんとか天気は持ち直してくれました。

 

少し遅めの到着

いつもはNo.1の住箱をゲットするため12:30くらいに到着するようにしているのですが、今回は「空いてなければ他の住箱を使ってみようかな」くらいの気持ちだったので、のんびり移動していたら到着が13:20くらいになってしまいました。

 

車を停めて受付に向かいます。今までは紙の受付票に記入するだけで済んでいたんですが、ここ最近は受付票に記入した上でORコードを読み込んで質問事項(ルール確認)に答えなければならなくなったので、メンドくさいです。

 

住箱No.4

No.1だけ既にチェックインされてしまっていたので、今回はNo.4を選びました。写真の左側がNo.4、右側がNo.5です。間にある屋根が見えている建物が水回り棟(洗い場、トイレ)です。それにしても晴れすぎ!暑い!

 

住箱No.4の室内

備品は去年から変わらないですね。他の住箱も同じだと思います。とりあえず窓全開&エアコンは最低温度(16℃)で稼働させて、室内に篭った暑い空気を入れ替えます。

エアコン稼働前にフィルターに埃が詰まってないか確認しましたが、今回は「まぁ大丈夫」でした。

 

備品たち

左から電気ポッド、ティッシュボックス、シェルフコンテナの中にはシェラカップ、歯ブラシ、スリッパ、延長コード(一口だけ!)、消毒用アルコール、ウェットティッシュが入っていました。

 

ベッド

クイーンサイズのベッドマットと布団、柔らかめの枕が2個セットされていました。

 

狐の嫁入り?

あんなに晴れていたのに急に降り出しました。空は晴れ間が広がっているんですけどね。荷物の搬入が終わっていて良かったです。

 

飲み開始

雨を見ながらビア!のんびりしかない週末って最高!

 

雨はすぐに止みました。でも椅子から動けず。2缶目に手を伸ばします。

 

利用案内

渡されたバインダーを見てみるとFIELD SUITE SPAの案内も載っていました。温泉の最終入場時間は20:30なんですね。22:00くらいまで営業してくれるとすごく使い勝手が良いのだけれど。

 

ベッド側からの室内

必要最低限の備品しかなく、コンパクトにまとまっています。

 

外飲み開始

曇りでまだ芝生が濡れていそうだったのでデッキに椅子とテーブルを出して飲み始めたんですが、これがまた!風も吹き抜けるし最高に気持ち良いです。

 

そしてピーカンへ

15:30頃から急速に晴れ渡り始めました。NO.5は家族が入ったようですが、めっちゃ小さい子がお手伝いしてるのが微笑ましいです。

ちなみに写真中央のテントはNo.5の敷地に間違って張ってしまったため、撤収を余儀なくされていました。ストアの店員さんが注意していましたが、その後撤収も手伝ってくれていました。優しみ。

 

音楽もスタート。テキトーに再生したら、珍しくボサノバがかかりました。Cafe系のプレイリストかアルバムをダウンロードしていたみたいです。

 

めっちゃ晴れてます。ジリジリ肌が灼ける感覚。その中で飲むビールの美味しさといったら!

 

とか言ってたらまた降り出しました。今度もすぐ止みましたが…。

 

ノマドスタイル

働いてるわけじゃないけど、モバイルWiFIもあるし、やろうと思えば可能。しないけど。

 

好きな空間でひたすら好きなことをして過ごす時間=プライスレス。

 

BBQ開始

デッキでひたすらのんびりしていたら、あっという間に日が落ちていました。明るすぎて19:00越えてるとは思えませんでした。真っ暗になる前に晩ごはんを始めなきゃ。

 

No.5の家族はタープの内側に小型のランタンを何個も吊るしていました。幻想的な雰囲気を出していて、見ていて和みました。良い借景。

結局食べ終わって片付けも終わったのが21:00くらいになっちゃったんで、今回は焚き火はしませんでした。

 

今回の戦績

ほとんどビールのみ。約4Lほど飲んでいます。今の自分が昼から一人でのんびり飲むと、これくらいの量になるんですね。

 

伊豆の地ビール

伊豆の国ビールのピルスナー。味はピルスナーにしては少し深めでした。

 

伊豆の国ビールのヴァイツェン。白ビールみたいな味わい。

 

騙された…。

「静岡の地ビールもなかなか」とか思って飲んでいたんですが、缶の裏を見たら、製造してるのは「エチゴビール株式会社」で販売場が「伊豆国市」でした。新潟の地ビールじゃないか!

 

ヴァイツェンの方も同じでした。わざわざ静岡のコンビニで買って帰って来たんですが、なんなら自宅の近所のスーパーで手に入る味でした…。

 

おわりに

住箱No.1は敷地の端にあるため誰にも邪魔されずに景色と音楽を堪能できますが、水回り棟から離れているためトイレや片付けの際少し不便です。

その点No.4は水回り棟からも近く、今年から住箱の向きが反対になったおかげでかなり視界も開け、景色(夕焼け)も楽しめるようになりました。

今までは景観の良さと他のキャンパーが視界に入らないプライベート感から住箱No.1一択でしたが、利便性と景色の良さを総合すると、No.4もNo.1に負けず劣らずの魅力を持つようになったと思います。No.5もNo.4と位置が近く使い勝手という点では同等だと思いますが、他のキャンパーと距離が近くなるため、やはり取れるならNo.4の方が良いかな。

住箱No.1が取れなかった時に感じるやるせなさというか妥協感がだいぶ減ることになったと思うので、自分的にはスノーピークは良い位置変更をしてくれたと思います。

今年はまだ何回か住箱を予約しているので、No.1、No.4を中心に楽しみたいと思います。

 

大雨の安曇野別荘(AD321)

静岡時代の友人・元同僚と安曇野の別荘でBBQ &飲みをしてきました。

 

土砂降りの雨

荷物の搬入が終わって最初の乾杯をしたくらいから、土砂降りの雨が降り出しました。屋根から滝のように雨水が落ちてきます。今日はBBQ予定ですが、広い屋根つきテラスがあるのでどれだけ降っても余裕です。とりあえず、のんびり飲みつつ温泉を堪能しました。

 

ラム肉BBQ

17:00くらいから早めの晩ごはんスタートです。今回は3人分で、ラムロース300g、カルビ300g、牛レバー150g、牛タン9枚をチョイスしました。

BBQ前のまったり飲みで友人の作ってくれたアテとかさけるチーズとか韓国海苔とか食べていたので、最終的にラムロースが100gくらい残りました。

 

今回の戦績

今回の主役は「荷札酒・黄水仙」。初めて飲んだ友人も大変気に入ってくれました。今年の黄水仙も本当に美味しくて、速攻空きました。荷札酒は別荘に来るついでに長野の酒屋さんで購入しているのですが、荷札酒の種類は時期物で変わっていくので、手に入る限りは毎回購入してストックしておきたいと思います。

 

おわりに

夜は別荘チームと在宅の仲間とでネット飲みを始めたのですが、自分は結構早めに脱落(寝落ち)してしまいました。残念…。次回はぜひ堪能したいと思います。

最近22:00くらいに一旦寝て、1:30くらいに起き出して何かしてからまた寝るという分割睡眠的なライフスタイルになってしまっているので、そこを改めないといけないかな…。

 

厚切り牛タンBBQ(AD321)

名古屋、静岡の友人と安曇野で集まってBBQ飲みをしてきました。それぞれ4時間くらいかかるようで、ちょうど安曇野が中間地点になっています。

 

BBQ1日目

ラムロース、ラムショルダー、牛カルビを300gずつ。ちょうど良い量でした。

日本酒は自分が持ち込んだ磯自慢・愛山(静岡のお酒)と静岡の友人が持ち込んだ蓬莱泉・純米大吟醸(愛知のお酒)です。

この蓬莱泉にラベルがないのは、蔵元に直接行ってタンクから搾り立ての生原酒を買っているから。日によって銘柄が変わり、その場で瓶を買ってお酒を詰めてもらいます。自分は最近買いに行けてないけど、以前は銘柄は2種類、ボトルサイズも2種類(四合瓶;この写真のサイズと、あとは300mlサイズだったかな?)から選べました。

 

広めのお風呂

温泉&ビア!至福の時です。今回は6回くらい入りました。

 

初日の戦績

3人で。全員ビール好きなんですが13本しか飲んでいませんでした(酎ハイ系、金麦除く)。日本酒へのシフトが早すぎたかも。日本酒は写真の2本は空いていますが、それ以外の2本も半分くらい飲みました。

 

2日目BBQ

2日目のメインは「極厚切り牛タン!」昨日肉屋さんに行った際、「暑さ1cmでお願いします」とオーダーしておいたものです。

ドリンクは、自分はこの後運転があるのでドライゼロ、友人は引き続きビールです。

 

厚切り牛タン

表面を焦がさないように時間をかけてじっくり焼く必要がありますが、絶品です。味付けは食べる直前に軽く塩胡椒のみで。

事前に予約する必要があるのと、常にあるわけではない(枝肉がないとやってもらえない)こと、近年牛タンの値上がりが激しい(今回、1cm厚を3枚で2,500円くらいしました)のが難点ですが、高くてもちょいちょい食べたくなる逸品です。

 

おわりに

今回、2泊3日で別荘ライフを堪能するつもりだったんですが、自分は諸般の事情により1泊2日で離脱しました。

次回以降、また2泊3日で予約している日もあるので、別荘お籠りライフを堪能しに来たいと思います。

 

2022年キャンプ初め&住箱位置変更(スノーピーク本社キャンプ場)

スノーピーク本社キャンプ場に行ってきました。この時期に行くのは初めてです。天候が不安定で心配しましたが(当日の天気予報が短期間で雨→曇→雨→曇と変遷)、当日はめちゃくちゃ晴れてくれました。晴れたは良いけど暑い…。

 

住箱No.1

今回もNo.1を借りることができました。幸先の良いスタートです。

 

住箱No.1〜No.4の位置関係

手前からこちら向きにNo.1〜No.3、左端の背中が見えているのがNo.4の住箱です。今年の4月に公式サイトに「住箱の位置を変更しました」と書かれていたのでどんな風になったのか気になっていましたが、No.2とNo.3は前の住箱と重なる部分が減って景観が良くなっていそうです。No.1は住箱前の庭がものすごく広くなっていて、より解放感が増していました。

 

芝生のない所が昨年まで住箱No.1があった場所です。だいぶ後ろにずれました。

 

別の角度から。前庭広っ!

 

道路までの距離もかなり空いてます。自分以外住箱の利用者がいなかったので、他の住箱も見に行ってみました。

 

住箱No.2

住箱No.1との距離感。少し広がっています。

 

少し後ろにずれただけ…じゃなくて、芝生の無い所はもともと住箱No.3があった場所です。

 

住箱No.2の正面からの景色。以前と比べるとNo.1と被る所が少なくなって、見晴らしはかなり良くなったと思います。

 

住箱No.3

住箱No.2の横から。こちらもNo.2との被りが少なくなっています。

 

位置的には以前住箱No.4があった場所のすぐ後ろくらいに移動してました。

 

住箱No.2に入った人が横に出なければ、景色もそれなりに見られるかな?ただ、駐車場と被るので視界に入る人工物は多くなりますね。

 

住箱No.3の出入口側とNo.2の距離感。出入口側に近い方を使うと物は取りに行きやすいけど、No.2の裏側と被ります。

 

住箱No.4

今年から住箱No.4とNo.5は逆向きに設置されました。フィールドの先に夕焼けが見られる向きです。

 

設置場所が斜面に入ってしまったので、ブロックで脚の高さを補正しています。今までは斜面に入る前までの平地に住箱No.1〜No.5が設置されていたので、全体的にかなり後ろに下がったことになるんですね。

 

住箱No.4の前からの景色。正面に夕焼けが見える立地です。カラーコーンが邪魔…。

 

住箱No.5

最後の住箱。フリーサイトとの区切りにコーンが置かれています。フリーサイト側からの侵入対策に必要な処置なんでしょうけど、ちょっと興醒めしてしまいます。

 

住箱No.4とNo.5の位置関係。

 

住箱No.5を正面から。この住箱だけダーク塗装されていません。ということは…?

 

No.5の前からフリーサイト側の景色です。コーンが景観を損ねてしまうので、何か他の手段を考えてもらいたいですね。

 

水回り棟

No.5と水回り棟との距離感です。かなり近いです。水回りが近いと何かと便利なのですが、そこはNo.4とNo.5だけの利点ですね。

 

住箱No.4前の空間とNo.5の位置関係。No.4の前庭もそれなりに使える広さです。広角レンズで撮っているので少し広めに見えるかもしれません。

 

ハンモックの木

住箱No.4の真横には木が2本立っていて、ここにハンモックを吊るす人もたまにいます。いい使い方だなーと思います。運んだり片付けたりすることを考えるとアレですが。

 

住箱No.4の横から見る本社。スコーンと抜けた青空が気持ち良いです。

 

住箱内部

自分の住箱に戻ってきました。全ての住箱は同じ設備です。設備も内装も去年と変わっていません。

エアコンを付けてから散策に行ったので、だいぶ温度が下がっていて快適になりました。

 

横田精肉店の「チューリップ」

三条市下田にあるフードショップ横田の名物料理です。TVで特集されていたので食べてみたいと思い、来る途中で買ってきました。スーパー横田は「もともとは精肉店なので肉にはこだわっている」と店員さんがTVで言っていたので、今回はBBQ用の肉も仕入れたんですが、思ったより種類も売り場面積も少なかったです。次回はこの「チューリップ」だけ買いに寄ればいいかな。

 

セッティング完了

14:30くらいには準備完了しました。適度に風も吹いていて、外で過ごすと気持ち良いです。

 

静岡地ビール

G.W.前半は静岡に行っていたので、今回のBBQのために仕入れておきました。全部コンビニで買ったものです。

 

御殿場ピルス

酸味がある?ってくらいサッパリしてました。

 

御殿場ヴァイツェン

甘かったです。酵母の甘さかな?白酵母っぽい味で、自分にとってはイマイチ。

 

沼津リパブリックIPA

IPAぽいしっかりした濃維。今回持ち込んだ中ではピカイチ。

 

サワー系

地ビールを買った時に見たことのないサワーも売っていたので、それもついでに買いました。左端の「JAIPUR」だけ海外の地ビールです。

 

FRUITZER ピンクグレープフルーツ

結構しっかりグレープフルーツの味が感じられました。

 

FRUITZER レモン&ライム

こちらはよくあるタイプの味でした。

 

瀬戸内物語 レモンサワー

パンチが弱くてジュースみたいな味でした。

 

JUPITOR

 IPAぽい苦さはあるけどオレンジっぽい風味もあり美味。ハードなIPAではないですね。

 

炭熾し開始

暗くなる前にBBQを終わりたいので、飲みながら炭を熾し始めます。

 

住箱No.2に人がやってきました。タープを張れず、ストアのスタッフに張ってもらってました。そんなサービスもあるんですね。タープをレンタルしたら使えるサービスなのかな?

 

今日の肉たち

フードショップ横田で仕入れた肉たち。ジンギスカンがあったのは予想外でした。

 

ホルモンは途中で飽きてしまいました…。価格が安いのは良いんですが、味付けが自分好みじゃなかったかな。正直「若鶏チューリップ」がいちばん美味しかったです。

 

カニクリームコロッケ

ホルモンを途中で放棄して「紅ずわい蟹のカニクリームコロッケ」にいくことにしました。万が一の抑えとして新潟市内の大手スーパーで買っておいた物です。たまに食べているので味は(自分の)お墨付きです。

 

温まれば良いので、ホイル焼きにします。

 

たまにアルミホイルを開いて加熱具合を確認します。熱しすぎると衣が破れてカニクリームが流れ出してしまうので。

適当なタイミングで食べましたがちゃんと温まっていて美味しかったです。2個で140円なんてコスパ良すぎです。

 

5月の夕暮れ

光線が夕方のものに変化していきます。

 

良い感じに暮れ始めました。

 

こいつらの出番です。

 

炭熾し器に薪を立てて、着火剤に火をつけます。後は放置しておけば勝手に燃えてくれます。

 

薪は2束買ったんですが、1束だけで4時間くらい持ちました。21:00過ぎくらいからめちゃくちゃ寒くなって、フリースの下にパーカーを着込んで燃やしてました。正直「早く燃えきらないかな…」とか思ってました。

 

今回の戦績

焚き火が終わった後は結構早く寝てしまったので、今回は日本酒には手を付けませんでした。寝覚めスッキリなのは酒量が少なめだったからだと思います。

 

住箱の変遷

自分が泊まったNo.1は、かつてのNo.2だったようです。数字が付け直されていました。

 

No.2は元No.3。

 

No.4はNo.3に。

 

同様に5→4。

 

 

No.5は元No.1なんですね。以前「No.1の住箱はオリジナルのままにして経年変化を見るために外壁塗装をしてないんです」と受付の人が言っていたんですが、確かに今回No.5だけ生成り(塗装なし)でした。

住箱の位置も、かつてのNo.2の位置近くが現No.1になっていたんですが、確かにそれぞれの住箱を移動させるよりNo.1を大きく移動させて、残りの住箱の位置を微調整してNo.打ち替える方が手間がかからないですね。

 

おわりに

住箱の位置変更はどの住箱も前庭が広がって良かったと思います。No.2とNo.3からの景観も少し良くなりました。しかしやはりNo.1の前の解放感は別格です。今後もNo.1を中心に、No.4かNo.5を選ぶことが多くなると思います。

この時期にスノーピーク本社キャンプ場に来るのは初めてだったんですが、油断していたらブヨに5ヶ所くらい噛まれてしまいました。めっちゃ痒い&血が出ててビックリしました。ブヨは蚊に刺された時と違って気付きにくいんですね…。気づいたらやられていました。今後はブヨよけのハッカスプレーを忘れずに持参したいと思います。

 

生々流転(AB204)

春の安曇野別荘で、大学時代の友人と飲んできました。

 

春BBQ

f:id:Spiral_NT:20220414193327j:plain

今日の安曇野は夏日!気温計は車もロードサイドも28℃〜30℃を指しています。BBQにふさわしい暑さでした。

コテージのテラスもそこそこの暑さ。暑い中頬張る肉&冷えたビア(日本酒も)は最高です!

 

温泉三昧

f:id:Spiral_NT:20220414193256j:plain

BBQ開始前、BBQ後、夜、夜中、朝、チェックイン前と入り倒しました。とはいえ2日目の午前に入る温泉とお酒は最高なので、やはり今年は出来る限り連泊を目指そうと思います。

 

荷札酒シリーズ

f:id:Spiral_NT:20220414193404j:plain

行きがけに酒屋さんで荷札酒を補充しました。「備前雄町・しぼりたて生酒」「槽場汲み純米大吟醸・しぼりたて生酒」「短稈渡船・しぼりたておりがらみ」を購入。「亀の尾」は自宅冷蔵庫から持ってきました。4種類も揃うと圧巻です。「荷札酒」は生酒が圧倒的に美味しいので、見つけ次第即購入していく方針です。

 

今回の戦果

f:id:Spiral_NT:20220414193345j:plain

2人で飲んだんですが、伸びはそこそこでした…。日本酒に呑まれたのが敗因かも。

 

おわりに

f:id:Spiral_NT:20220414193309j:plain

今回のコテージは階段が少なくて持込みしやすかったです。もし一人で来る時には、このコテージをリクエストしようかな。

 

お疲れさま会 in 安曇野(AC227)

毎年恒例の「年度末お疲れさま会」をしに、安曇野の別荘に行ってきました。今回は2泊3日でのんびり温泉&酒三昧です。

新潟も安曇野も市街地は雪が消えていますが、山の方にある別荘周りはまだ雪が残っていました。一応ノーマルタイヤでも走行には困らないとは思いますが、この時期でも妙高あたりの高速道路はチェーン(スノータイヤ)規制が入っていたので、新潟や北陸など雪が降る地域の山間部を通る場合は、まだスタッドレスを履いておいた方が無難だと思いました。

 

階段地獄

f:id:Spiral_NT:20220405223655j:plain

受付でコテージの位置を聞いた瞬間、「あそこかー」とちょっと落胆。狭い上に夜中に虫(主にてんとう虫)がたくさん侵入してきた思い出のあるコテージです。そして坂の中腹にあるので荷物の運び上げが大変…。

 

f:id:Spiral_NT:20220405223640j:plain

階段は全部で77段も!ありました。雪で滑るし、荷物の運び込みだけでかなりの疲労感…。とりあえずビールを持って速攻温泉につかりに行きました。

 

初日のおつまみセット

f:id:Spiral_NT:20220405223906j:plain

初日は出発時間が遅くなることが分かっていたので、最初から移動日と割り切っていました。夜は行きがけに新潟市内のお惣菜屋さんで仕入れたおつまみでのんびり飲みました。全く調理をしない分、時間を有効に活用(飲み→温泉→飲み→温泉→以下繰り返し)できました。

途中で車に忘れ物を取りに降りたんですが、コテージの外まで音楽が聞こえていました。そこまで大きく音漏れしてるわけじゃないし、コテージは一棟建てで隣との距離もあるので無問題でしょう。

 

レモンサワー飲み比べ

f:id:Spiral_NT:20220405223955j:plain

缶のレモンサワーの中でも「発酵レモンサワー」が好きなんですが、買い出しに寄ったスーパーに数種類のバリエーションがあったので全部購入して飲み比べてみました。この中だと真ん中のものが一番美味しかったです。

 

テラスBBQ

f:id:Spiral_NT:20220405223921j:plain

2日目は11:00頃から買い出しに行き、午後からBBQ!ラム肉とカルビが半端なく美味しかったです。いつも買っている精肉屋さんのカルビは、脂っぽさがほとんどなくて美味。

日中は気温が11℃くらいあったので、テラスでも意外と暖かかったです。

夕方には片付け終わって、あとはひたすら温泉&酒&音楽三昧。

 

1日目の戦績

f:id:Spiral_NT:20220405223938j:plain

自分一人の戦績です。妻は日本酒を飲んでいましたが、まだ空いてないのでここには載せず。サントリーのスーパードライが新しいものに切り替わっていたので飲んでみましたが、正直美味しくなかったです。何か、キレが良いってより味が薄くなった感じ…。6缶パックしか売ってなかったのが地味に痛いです。

 

2日目の戦績

f:id:Spiral_NT:20220405224006j:plain

日本酒2本も無事空きました。やはり荷札酒の生酒は絶品ですね。飛露喜の純米大吟醸は言わずもがな。

 

おわりに

f:id:Spiral_NT:20220405223708j:plain

荷物の運び込みは大変でしたが、懸念していた虫の侵入はなかったです。コテージの外壁も塗り直されていてトイレも新しくなっていたし、以前泊まった時から少しリニューアルされたようです。テラスは狭いので3人だとちょっとキツイかも。

やはり連泊すると全然違いますね。特に2日目は朝から晩まで時間を気にせず好きにできるのが最高です。初日に時間があれば買い出しを全部終わらせて後はひたすら籠るってのも良いんですが、飲みながら明日のツマミを考えるのも楽しかったりするんですよね。

次回の予約もしていますが、来年度から新しい環境に移るので、予定通り来られるかはまだ分かりません。そんなに忙しくないと良いのだけれど。

 

2021年ラストキャンプ(スノーピーク本社キャンプ場)

10月に入りました。秋キャンプ本番です。

 

スノーピーク本社社屋

空が高い!

 

準備

今回は「焚き火を楽しむ夜」がテーマなので、ストアで薪を2巻購入しました。奥のビニール袋に入っているのは静岡のキャンプ場で購入したものです。まだ年内に何回か予約しているので、余ったら次に回せばいいのです。

 

今日もいい天気!適度に風も吹いていて外にいるのが気持ちいいです。TAKEチェアロングに座ってしばらくボーっとしていました。

 

お昼ごはん

メインはBBQなのでランチは軽めで。お魚屋さんで仕入れた鰤、白魚、南蛮海老などを日本酒と合わせていただきます。

 

TAKI BIETA

今年の9月(キャンプ初め)からクラウドファンディングで購入した焚き火台「TAKI BIETA」を愛用しています。収納袋がついているので持ち運びしやすいです。

ただし持ち手が長い分ぶら下げて運ぶと不用意に車に当たって凹みそうで怖いので、積み下ろしの際には持ち手は使いません。

 

 

収納状態

厚さ8.3mm!ただし使い始めると熱で変形するので歪みで多少厚みが出てしまいます。まぁ許容範囲内でしょう。それでも薄いし。

 

分解状態

5つのパーツのみで構成されています。

 

組み立て後

完成!セットの中にきちんと芝を守る板(ベースプレート)もあるのが気に入っています。あと軽い。Lサイズでも1.3kgしかありません。Snow Peakの焚き火台Mは3.8kgあるので、約1/3の重さです。

TAKI BIETAを購入する前はストアで「焚き火台Mセット」をレンタルしていたんですが、灰を捨てるために傾けるのが重くて大変だったし、返却前に洗い場に運ぶのも毎回苦労していました。

 

不具合など

コーティングがされていないので、高温や薪が当たって塗装が削れてしまうそうです。まぁ仕方がないですね。燃えればいいのでそんなに気にしていません。

ただし錆止めもしていないとのことなので、そっちは何か考えないといけないかな。

 

本体が小さめなので薪が入り切らないこともあります。30cmサイズは入らないかな。あと熱で歪んでいるせいか、三角形の側板を本体に嵌めているツメが外れやすくなりました。一回焚き火を始めてから外れて盛大にバラけたことがあり、それ以降、側板を上から薪で叩いてツメがしっかり嵌まっているか確認するようになりました。

 

BBQ開始!

15:00くらいから準備をスタートしました。まずは炭熾しから。別にテーブルの上でやる必要なかったですね。煙いですし。

 

飛露喜の純米大吟醸を飲みながら炭が熾きるのを待ちます。20分くらい放置しておけば勝手に熾き炭になってくれます。

 

今回のお肉たち

左上から時計回りに「国産牛ツラミ 120g」「国産和牛牛タン 100g」「US産上ハラミ 200g」「国産和牛上カルビ 200g」です。2人前だとこのくらいがちょうど良い量でした。

 

秋の雲

高い空に平面的に伸びている雲には、夕焼けが映えやすくなるので好きです。

 

うろこ雲。うろこ雲がだんだん大きくなってくると、雨が降るサインだそうです(うろこ雲→ひつじ雲→乱層雲)。今日は大丈夫かな?

 

16:40くらいなんですが、もう夕焼けっぽくなってきました。

 

住箱の横にテントも張っていますね。その位置を通らないと水場に行けないので正直やめてほしい…。夜中にトイレに行く時、タープに足を引っ掛けそうで怖いです。

 

夕焼けを見ながらのんびり。チェアに座りながら撮りました。

 

落日

まだ17:40くらいなんですが、かなり日が落ちています。さすがに10月ともなると早いですね。真っ暗な中食べても肉が美味しそうに見えないので、秋のBBQは時間管理が大事です。

 

本社の明かりも煌々と灯っています(18:00)。

 

焚き火開始!

食べ終えてしばらく住箱内で休憩した後、20:00くらいから焚き火を開始しました。

 

軌跡

めちゃくちゃ風が強くて炎が左右にガンガン振られています。面白そうなので車に積んでいた三脚を持ってきて、長時間露光で焚き火を撮影してみました。

 

最初のうちはISO設定と露光時間の設定など微調整を繰り返したので、いまいち軌跡が伸びません。

 

慣れてきたらだんだん軌跡が伸びていきます。火の粉が飛ばないと光跡が出来ないので、風の強さも大事です。

 

バースト。両側から煽られて上に焚き上がっています。

 

薪を残したまま軌跡を撮るのが意外と難しい(明るいところは長時間露光だと白く飛んでしまうため)。

 

お気に入りの一枚

【メモ】ISO200。F4.0。露光時間8秒。

 

ソネングラス

焚き火は終わってしまいましたが、雰囲気が出るガラスランタンがあるので、最後は室内(住箱内)でTAKEチェアロングにもたれながらのんびり飲みました。

 

今回の戦績

意外とビールが少なめでした。日本酒は4合瓶が2本空いています。

 

今回購入したもの

Snow Peakのまな板と包丁のセット(M)を購入しました。包丁は小さめですがキャンプ場に来てイチから本格的に料理をすることはないので(必要なら下準備=切るものは全部切ってくる派)、ブロックチーズを切ったり、塊肉を切り分ける用途を想定しています。お値段4,730円ナリ(公式サイトより)。

 

包丁を収納できるのが良いですね。まな板は木(檜?)なので、しっかり乾燥させないとカビてしまうかもしれません。あと直射日光で乾かすと反ってしまったり最悪割れるかも…。

 

おわりに

10月なので夜間はちょっと寒かったですが、住箱の中はエアコンがあるので快適に過ごせました。エアコンのネットに埃がついていないかは必ずチェックするんですが、自分は毎回ほぼ同じ住箱を使っているので(指定はできないけど運良く空いていることが多い)、その年の使い始めの時に一回お湯で洗い流すことにしています。

この後10月、11月はスケジュールが合わずにキャンセル、12月の2週目にも予約をしていたんですが、最終的にそれも流れてしまいました。無念。

12月中旬以降は春まで住箱の予約はできなくなるので、また来年春以降、BBQと焚き火を楽しみに来たいと思います。